開業届出さないといけないの?

自宅サロンん

起業女性によくあるお悩み

開業届は出さないといけませんか?

まだ、起業したばかりで売上もそんなに上がってない状態で開業届を出すかどうか…

迷いますよね?

だって開業届を出したらちゃんと確定申告をしないといけないとか

副業が会社にばれちゃうとか

そもそも開業届を出すメリットってあるんですか?とか

確定申告をしたら扶養から外れるんじゃないかとか

そんな声もある反面

開業届を出していなくて、確定申告もしていなくて、私このままで大丈夫?

なんて悩みも抱えている方も多いわけで…

結論から先に言っちゃうと、

お仕事としてお客様からお金をいただいているのであれば、

きちんと開業届を出しましょう!と、私は思うのです。

開業届を出すメリット

・保育園や学童にちゃんと仕事をしている証明になる

・一起業家として心構えができる

そして、これが一番大事!

・今回のコロナウィルス関連の補助金や給付金の対象になる!

持続化給付金の場合は、2019年以前より事業を続けている場合、開業届の提出の有無は問われていませんが、2019年に開業した方は開業届の控えの提出が必要です。

また、小規模事業者持続化補助金は開業届を出していることが条件になります。

このような公的な補償を受けるためにも、開業届を出して、事業をしていることを国に知ってもらいましょう!

開業届を出すと副業がばれる?

これからの時代、収入源は複数あった方がいいと言われています。でも中には副業禁止の会社もあります。本当はちゃんと会社に許可をもらって開業届を出すのがいいのですが、そうはいかない方もいますよね。

で、開業届を出すと副業はばれるのか?

この答えは開業届を出しただけでは副業はバレません。

副業がばれるのは、

確定申告を済ませて、住民税の通知が会社に届いたときに、お給料の割に住民税が高かったり、安かったりすると、事務の担当の方があれ?っと思ってばれてしまうパターン

会社の誰かに副業をしているとしゃべってばれるパターン

こんな時です。

だから、開業届を出しただけでは副業はバレません。

開業届の出し方

開業届は国税庁ホームページからダウンロードして

名前、住所、マイナンバー、屋号などを記入して

管轄の税務署に提出をします。

開業届は2枚作成し、一枚は税務署、もう一枚は税務署が確認印を押してくれるので自分の控えとして持っておきます。

この控え、

屋号入りの通帳を作ったり

補助金の申請などに必要になりますので、どこに行ったかわからないことがないようにちゃんと保管しておきましょう。

開業届は、freeeのサイトでも作ることができますよ。

質問に答えていくだけでちゃんと開業届ができるのでお勧めです。

自分の好きなことを仕事にしたい

とても素敵です。

それならなおのこと、開業届を出してお仕事に取り組みましょう!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA