持続化給付金、2020年1月から3月に開業した方も対象に!

持続化給付金

コロナウイルスの影響で、売上が激減した個人事業主やフリーランスの方に給付される持続化給付金、今年開業した方はこれまで対象ではありませんでしたが、新たに申請できるようになりました!

申請の要件

  • 開業日が2020年1月1日から3月31日まで
  • 開業届を2020年5月1日より前に提出して、税務署の確認印が押印していること
  • 対象の月の売上が開業日の属する月から3月までの売上の月平均と比べて50%以下になっていること

もらえる金額は?

もらえる金額の計算は

開業した月から3月までの売上の合計額の平均に6を掛け

対象月の売上に6を掛けた金額との差額になります。

S=A÷M×6ーB×6

S:給付額(上限100万円)

A:2020年1月から2020年3月までの売上額

M:開業日の属する月から3月までの月数

B:開業してから3月までの売上額の平均と比べて売上が半減した月の売上額

  • 2020年2月に開業の例
  • 2020年2月の売上30万円
  • 2020年3月の売上40万円
  • 2020年4月の売上10万円

S=(30万円+40万円)÷2×6-10万円×6

 =210万円ー60万円

 =150万円

個人事業主の場合100万円が上限なので給付額は100万円

必要な書類は?

  • 持続化給付金に係る収入申立書
  • 振込先の通帳の表面と見開き1ページ目のコピー
  • 運転免許証などの本人確認書類
  • 個人事業の開業・廃業等届出の控え

これまで必要でなかった「持続化給付金に係る収入申立書」

という書類が必要になりますので、注意が必要です。

持続化給付金に係る収入申立書

「持続化給付金に係る収入申立書」には

開業してから対象月までの売上の記載と

税理士の確認の署名または確認印が必要になります。

税理士さんの確認が必要なので手続きが大変ですが、

きちんと手続きをすればもらえるお金ですから、

きちんと売上を出して、

税理士さんに確認をしてもらうようにしましょう。

持続化給付金に係る収入申立書は、

https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/shinseikitei_kojin2.pdf

こちらの14ページ目にあります。

申請は6月29日からできるようになります。

詳細は経済産業省のホームページでご確認くださいね。

https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/kyufukin_kojin.pdf

Follow me!

ご相談のお申し込みはこちらのフォームからもいただけます。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください