知らないと損をする!副業の税金のこと

こんにちは。

女性のためのお金の専門家

新田真由美です。

コロナの影響もあって、副業を始めた方、これから副業をしたい方、増えていますね。

そのため、副業の場合の確定申告のご相談、とても増えています。

私も副業から始めて、一番税金のことで悩んでいたので、皆さんの気持ちがよくわかります。

今回は、いくら稼いだら確定申告をしないといけないのかについてお伝えをしていきます。

副業の場合いくら稼いだら確定申告が必要?

もうけが20万円以下だったら確定申告は不要

副業の場合、原則として売上から経費を引いた金額、つまり「もうけ」が20万円以下で、年末調整をしている会社員の場合、確定申告の必要はありません。ただし、「もうけ」が20万円以下でも確定申告が必要なケースと、確定申告をしたほうがいいケースがあります。

もうけが20万円以下でも確定申告が必要なケース

医療費控除やふるさと納税などの別の理由で確定申告をする人は、副業の収入も合わせて確定申告をする必要があります。

退職などの理由から年末調整をしていない方、年収が2000万を超えるため年末調整の対象にならない方は、副業のもうけが20万円以下でも確定申告をする必要があります。

副業の場合の確定申告書の書き方はどうなるの?

では、パート収入と副業の収入がある場合の確定申告書の書き方ってどうなるのか、気になりますよね。

例えば

パート収入が100万円、

副業の売上が100万円、

かかった経費が70万円の場合の

確定申告書の書き方はこのようになります。

  • 収入金額等の給与㋕の欄にパート収入の100万円を記入します。
  • 副業の場合の収入は雑所得になりますので、雑の㋗の欄に副業の売上の100万円を記入します。
  • 次にパート収入と副業収入の所得を計算します。
  • 所得金額の給与⑥の欄に給与の収入から給与所得控除を引いた金額を記入します。

所得控除額の計算はこちらの表を参考にします。

パート収入が100万円の場合の給与所得控除額は55万円ですので

100万円-55万円=45万円

給与⑥の欄に45万円を記入します。

次に副業の所得金額を計算します。

売上100万円から必要経費70万円を引くと30万円となります。

雑所得⑧の欄に30万円を記入し、その他の雑所得との合計を⑩の欄に記入します。

合計⑫の欄に給与の所得と雑所得の金額の合計を記入します。

副業が赤字の場合はどうなるの?

副業が赤字の場合は原則確定申告の必要はありませんが、

何らかの理由で確定申告をする場合のために

記入例を作ってみました。

例えば

パート収入100万円

副業の売上100万円

副業の経費が120万円の場合

給与所得の⑥までは先ほどと同じです。

雑所得の⑧の欄に売上100万円から必要経費120万円を引いて赤字となった金額を記入します。

雑所得⑩の欄に雑所得の合計を記入します。

合計⑫の欄ですが、先ほどは給与所得と雑所得の合計を記入しましたが

赤字の場合、給与所得から赤字を差し引くことはできません。

そのため、合計⑫の欄には給与所得の金額45万円を記入します。

もうけが20万円以下でも確定申告をしたほうがいいケース

また、「もうけ」が20万円以下でも、確定申告をしたほうがいい場合もあります。

●副業が「事業所得」で赤字になった場合

副業でも「開業届」を出して「事業」としてお仕事をしていて赤字になった場合、他の所得からその赤字を差し引くことができるので、節税をすることができます。

副業の場合の所得が「事業所得」がとして認められるか「雑所得」とみなされるかはとても曖昧なところですが、継続性があって、営利目的であり、月にある程度の収入があると「事業所得」として認められるようです。

●報酬から税金が源泉徴収されている場合

また、執筆や講師をしていると、報酬から10.21%の税金が差し引かれて支払われます。

この場合、売上全体に10.21%の所得税がかかっているので、売上から必要経費を差し引いて計算しなおして確定申告をすることで、多く払った税金が戻ってくる可能性があります。

副業でも事業用のお金とプライベートのお金は区別しましょう

私が副業を始めたときに失敗したなと思ったことですが

副業を始めた当初、事業用の通帳を作っておらず、生活費の口座に原稿料や講師料の報酬が振り込まれていました。

また、クレジットカードも分けておらず、プライベート用のクレジットカードで何もかも買っていたので、経費をいくら使ったのか、本当にぐちゃぐちゃの状態でした。

そうなってくると確定申告も大変ですし、売上の管理もできません。

自分がいくら儲けて、どのくらいの経費がかかったのか、赤字なのか黒字なのか

それすら把握ができません。

これから副業を始める方、副業を始めて間もない方、私のような失敗がないように

プライベートのお金と事業用のお金は分けて管理をしましょう。

「開業届」を持って銀行に行くと屋号入りの通帳を作ってもらうことができます。

ただ、最近は銀行の審査も厳しい場合があり、屋号入りの通帳を作ることが容易でないため、必ずしも屋号入りの通帳を作る必要はありません。

使っていない口座があればそれを事業用の口座にしてもいいです。

まずは、事業用の口座、クレジットカードを準備しておきましょう。

副業をしている方、これから始めたい方にお役に立てれば嬉しいです。

Follow me!

ご相談のお申し込みはこちらのフォームからもいただけます。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください