いくら働いたら扶養から外れますか?

家計のために働いているけれど、

収入が増えると、今度は夫の扶養から外れてしまうことが不安になることはありませんか?

でも、103万円の壁、106万円の壁、130万円の壁とかいろいろありすぎて

一体いくら働いたら扶養から外れるのか

よくわからないですよね。

また、

起業している

パートと副業をしている

いろんな働き方がありますよね。

いろいろ調べてみたけれど、

よくわからない方のために

このコラムでは

扶養についてお伝えしますので

ぜひ最後までお読みください。

たくさん働きたいけど
扶養から外れるのが心配で
難しくて、どうしたらいいの?

扶養には税金の扶養と社会保険の扶養がある

ひと言で「扶養」と言っても

「扶養」には

「税金の扶養」と「社会保険の扶養」があります。

ここ大事なので、しっかり覚えていてくださいね。

「税金の扶養」は税務署

「社会保険の扶養」は健康保険組合・年金事務所が管轄になります。

「税金の扶養」を外れると

妻は所得税・住民税を払うことになります。

「社会保険の扶養」を外れると

妻は自分で年金保険料・健康保険料を払うことになります。

妻が会社員・パートの場合

税金の扶養

100万円の壁

妻の収入が100万円を超えると

妻は住民税を払うことになります。

103万円の壁

妻の収入が103万円を超えると

妻は所得税を払うことになります。

社会保険の扶養

106万円の壁

妻が一定の規模以上の会社でパートやアルバイトをすると

社会保険に加入する必要があります。

その条件は

  • 正社員が501人以上
  • 収入が月88,000円以上
  • 雇用期間が1年以上
  • 所定労働時間が週20時間以上
  • 学生ではない

これらの条件をすべて満たすと

健康保険と厚生年金に加入し、保険料を払うことになります。

福岡県の場合、40歳以上の方で

月88,000円の収入がある場合(通勤交通費含みます)

健康保険料 月5,328円

厚生年金保険料 月8,052円

自己負担が増えることになります。(令和3年4月現在)

130万円の壁

収入が130万円を超えると

勤務先の規模にかかわらず

社会保険に加入する義務が発生します。

月11万円の収入がある場合(通勤交通費含みます)

健康保険料 月6,660円

厚生年金保険料 月10,065円

自己負担が増えます。

社会保険に加入するとメリットもある!

扶養から外れて

社会保険料を払うことになると

負担が増えて、あまりいい気持ちがしませんが、

社会保険に加入するメリットもありますよ。

病気やケガで休んだ時の保障がある

病気やケガで休んでお給料をもらえない場合、

傷病手当金の制度があります。

傷病手当金は

お給料の約2/3を受け取ることができます。

詳しくは ↓

病気で休んだら…傷病手当金

将来受け取る年金が増える

厚生年金に加入すると

将来受け取る年金が増えます。

扶養から外れると損をするイメージが先行しますが

このようなメリットもあるので、

よく考えてからお仕事をするといいですよ。

妻が起業している場合

税金の扶養

個人事業主の場合は

「所得」で考えます。

「所得」とは「売上」から「経費」を引いた金額

つまり「もうけ」のことです。

詳しくは ↓

収入と所得の違いってなんですか?

妻の所得が43万円を超えると

住民税が発生。

妻の所得が48万円を超えると

妻の所得税が発生します。

社会保険の扶養

夫が会社員で妻が個人事業主の場合

夫が加入している健康保険によって

扶養の条件は変わります。

例えば

妻が開業届を出したら扶養から外れるケース

妻の収入が一定の金額を超えたら扶養から外れるケース

妻の収入が関係なく扶養には入れるケース

それぞれの健康保険で条件が異なりますので

詳しいことは夫が加入している健康保険に確認をしましょう。

このような聞き方をしてみてください。

今度、個人事業主として仕事を始めますが、
夫の扶養から外れる条件を教えてください。

130万円を超えると扶養から外れますよ。

130万円というのは、売上ですか?
それとも、売上から経費を引いた金額ですか?

売上から経費を引いた金額になりますが、
経費として認められるのは
仕入の金額だけですよ。

なるほど!わかりました!
ありがとうございます。

いくら働いたらいいの?

いくら働いたら扶養を超えるかわかったところで、

じゃあ、私は一体いくら働いたらいいの?って思いますよね。

そんな時は

ライフプランを作ってみましょう。

夫の収入

自分の収入

児童手当など

すべての収入を計算し

住居費

生活費

保険料

車費

教育費

娯楽費

などの支出を洗い出します。

収入を抑えても家計が回るのであれば

現状維持でもいいでしょう。

もしも将来的に不足しそうであれば

扶養を超えてでも

収入を増やすようにしましょう。

副業を始めてみるのもいいですね。

自分でライフプランを作ることが難しい場合は

お手伝いもしています。

詳しくはこちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA