会社員をやめて起業する前にしておきたいこと

起業女性のお金のミカタ
新田真由美です。

先日、ご夫婦ともに起業を考えている方のご相談を受けました。
そこで、会社員を辞める時に注意してほしいことをお伝えしました。

会社員を辞めて、独立したい
近々独立予定
会社員を辞める前にしておきたいこと
お伝えします。

住宅の購入やクレジットカードの申込

自営業の場合、
住宅ローンやクレジットカードの審査が厳しくなります。

そのため、住宅購入を考えている人は、
会社員を辞める前に、
住宅購入をしておきましょう。

クレジットカードも同じように審査が厳しくなります。
独立後は、事業用のお金とプライベートのお金を分けて管理する必要があります。
そのため、事業用のクレジットカードとプライベート用のクレジットカードを使いわけるようにすることをお勧めしてます。
クレジットカードを1枚しか持たない方は、会社員を辞める前に、もう一枚クレジットカードを作っておきましょう。

保険の確認

会社員の場合、厚生年金や健康保険に加入しているため、
遺族年金や傷病手当金などの
公的保障が充実しています。

会社員を辞めてしまうと
国民年金や国民健康保険に切り替わります。
国民年金の場合、
遺族年金は子どもが18歳まで
国民健康保険の場合、
傷病手当金はありません。

自営業の場合、会社員の時にあった公的保障が少なくなってしまいます。
日本は公的保障が充実しているから保険は必要ないというのは、
自営業の方には当てはまりません。

もしも、病気などで長期間仕事を休むことになったら、収入が途絶えることになります。
もしも、大黒柱に万一のことがあったら、家族が生活に困ることになります。

独立をするときには、自分が加入している保険を点検して、
保障が不足するようであれば、必要な保険に加入することを考えてみましょう。

 

関連記事

  1. インボイス制度スタート!私はどうしたらいい?

  2. 2024年1月から領収証などの保管方法が変わります

  3. freeeの入力を楽にしたい!

  4. ひと月の医療費の限度額って?(高額療養費制度)

  5. 扶養を超えて働く?どうする?

  6. 決済システムの手数料は経費になる?

PAGE TOP